農作物共済

対象となる作物

水稲、麦(小麦)
・水稲と麦を合せて10a以上耕作している方が加入できます。

補償対象となる事故

風水害、干害、冷害、雪害、その他気象上の原因(地震及び噴火を含む。)による災害、火災、病虫害及び鳥獣害

補償期間

○水稲:本田移植期(直播の場合は発芽期)から収穫期
○麦 :発芽期から収穫期

補償内容

引受方式及び補償割合は選択できます。

引受方式 補償割合 補償内容
全相殺方式 9割、8割、7割

農家ごとに、収穫量が補償割合を下回ったときに共済金を支払います。

※増収分を加味します。

半相殺方式 8割、7割、6割

農家ごとに、収穫量が補償割合を下回ったときに共済金を支払います。

※増収分を加味しません。

地域インデックス方式 9割、8割、7割 市町村統計データによる収穫量が補償割合を下回ったときに共済金を支払います。
※個人ごとの減収量では評価しません。

一筆方式

(2021年産まで)

7割、6割、5割 耕地ごとに、収穫量が補償割合を下回ったときに共済金を支払います。
災害収入共済方式 9割、8割、7割 農家ごとに、収穫量が減少し、生産金額が補償割合を下回ったときに共済金を支払います。
※品質低下及び増収分を加味します。

一筆半損特約

農家の選択により、一筆方式以外の引受方式に一筆半損特約を付すことができます。

※大雨による土砂流入などで、耕地ごとに5割以上の減収が見込まれるとき、5割減収とみなして共済金を支払います。

補償金額(共済金額)

全相殺方式・半相殺方式・地域インデックス方式

共済金額 = 農家の耕地ごとの基準収穫量の合計 × 補償割合 × 1㎏当たり共済金額

一筆方式

共済金額 = 耕地ごとの基準収穫量 × 補償割合 × 1㎏当たり共済金額

災害収入共済方式

共済金額 = 農家の基準生産金額 × 補償割合(農家選択)

 

※基準収穫量

・全相殺方式・半相殺方式:その年の天候が平年並みとし肥培管理なども普通一般に行われたときに期待し得る収量で、いわゆる平年収穫量のことです。

・地域インデックス方式:統計単位地域における統計単収の過去5か年中中庸3か年平均値に栽培面積を乗じて算出します。

 

※1㎏当たり共済金額は、前年産の米価(麦価)をもとに、農林水産大臣より告示される金額の中から選択します。

共済掛金

共済掛金 = 共済金額 × 共済掛金率
※共済掛金には、国の負担がありますので、実際に負担する掛金はおよそ半分になります。
※共済掛金率は、過去20年間の金額被害率をもとに決められ、3年ごとに改定されます。
※農家ごとに、過去の被害率をもとに算定する危険段階別共済掛金率が適用されます。

共済掛金率一覧

水稲